夢の島ブログ ホーム » スポンサー広告 » 小説創作 »魔術サークル

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

魔術サークル  

「だからね。物理学と魔術は似てるのよ」

 爽やかな香りを感じさせる微風と健やかな陽光が降り注ぐ屋外ラウンジにて三澤橘花は道行く学生を眺めた。子供であることを終え、しかし大人になり切らない人々。華やかなりし黄金の学生時代を過ごす少年少女達は若さをその四肢に漲らせ青春を謳歌している。
 色にして緑がかった青色、空の色だなと橘花は人ごとに思った。

「もちろん自然科学か超常かっていう違いはあるけど、その根源はとても近しい物だわ」

 私立三流大学にて繰り広げられる有象無象の人生劇の末席に座る身として、橘花もあの明るく輝きながら悲喜交々入り混じる、とぐろを巻くような情念の渦に加わってみたいと常々思っていた。
 しかし、二回生として、一年のキャンパスライフを送った結果から、油と水程度には自分に馴染まない夢なのだと気付いていた。この場合橘花が油なのか水なのかが難しいところではあるが、おおよそ多くの同期生にとっては自分”達”が油なのだろうと橘花は見当をつけていた。

「いかに魔術と言えども、いえ、魔術だからこそ仕組みという物があるの。それは原子理論的理解にも近い、より小さき源を基礎とすることで深く理解できる仕組みなの。だから数学的な考え方も魔術には必要だし、もっと言えば超常だけど常態という物が存在するのよ」

 色にして黒なんだろうな。と橘花は思った。
 それも一切の光が通らない漆黒ではなく、一切の光が吸い込まれ曲がって過ぎる重力の井戸のような真黒。吸い込まれるのか落ちるのか潰されるのかも定かではないブラックホール的な特異点。
 それが自分のキャンパスライフの全貌だと思うと橘花からは溜め息しか出てこなかった。

「聞いてる橘花?」

「聞いてるよ。アトランティスの海底神殿にはアトランティス人の古代文明が隠されているし、同時期に作られたエジプトのピラミッドはどれも当時では考えられない技法で作られていた。実はこの二つには密接な関係があったんでしょ?」

「ひどい。ひとっつも聞いてないし。橘花ひどいよ」

「聞いてたよ。茶化しただけだよ」

「もっとひどい。人が真面目に話してるのに。橘花は本当にひどい」

 頬を膨らましてむくれた眼前の少女――笹埜汐梨の愛らしさに橘花はにんまりと笑った。汐梨はおおよそどのような状況においても可愛いが、怒っているときが一番可愛い。そう橘花は常々思っているし、事実ことあるごとに彼女を怒らせて、それを確認している。
 汐梨がひどいひどいと連呼する通りに本当にひどい友人だとは思うが、橘花にとって真っ暗なキャンパスライフを楽しく過ごすための原動力というのが汐梨を愛でる事である以上、仕方がないことだと割り切っていた。

「ごめんごめん。汐梨も今日大学おしまいでしょ。この後何か奢るよ。それで許して」

「お昼ごはん。私うどんがいい」

「じゃあ駅前行こうか。はなまるでいいよね」

「トッピング無制限?」

「まさか。私の財力じゃ二個が限界です。ただしかけじゃなくてもオーケー。ぶっかけまでなら許可しましょう」

「なら鳥天とカボチャがいいな。かまたまで」

「オーケーオーケー。いいですともお姉さんに任せなさい」

「変なの私と橘花じゃ二か月しか変わらないのに」

 けろりと機嫌を直しくすくす笑う汐梨に微笑ましいものを感じながら、橘花は薄い財布にあと幾ら残っていただろうかと心の中で金勘定をしていた。春のバーゲンだからと張り切り過ぎたしわ寄せが橘花の懐を冬に逆戻りさせていた。
 それでもこの友人のことを思えば安いものである。と橘花は現実逃避をすることにした。

「じゃあ橘花。魔術の講義はお昼のあとね」

「……覚えてたか」

「何か言った?」

「ううん。別に」

 自称魔術師であるところの汐梨は、橘花が彼女を怒らせようとするくらいにことあるごとに魔術の講義を橘花にしたがっていた。自称一般人であるところの橘花にとってはそのどれもが無味乾燥な絵空事であったが、汐梨はいたく真面目であった。
 
「ねえ、何で汐梨は私に魔術を教えようとするの?」

「何で?」

 質問に質問で返されたことにより橘花は数秒押し黙った。

「……ほら、私なんて魔術のまの字も知らない人間だし。教えてもらったって理解できるとは思えないし」

「別にね、橘花に魔術を覚えてもらおうとは思ってないんだよ」

「ならなんで?」

「友達に自分のこと知ってもらいたいって思うのは当然だよ。橘花は私が魔術師だって知っても友達でいてくれた最初の人だから」

 そう言って人懐っこい笑みを浮かべながら汐梨は人差し指を振った。橘花はその指を目で追う。気が付くと二人が座っているテーブルにだらしなく広げていた雑誌や学術書が消えていた。そして汐梨の鞄が膨れている。
 それが魔術によるものなのか、それとも何かのトリックなのか、橘花には判断が付かなかった。

 ああ、真黒だ。そう橘花は思った。

 華々しい青ではない、蠱惑的な黒。ブラックホールのように実態が解らないのに、確かに橘花を惹き付ける重力の井戸。橘花が様々な人付き合いを捨ててまで手に入れたキャンパスライフの象徴。
 それが汐梨という少女であった。

「じゃあうどん食べに行こうよ」

「そだね。バスにはまだ早いけど」

「歩こう。たまにはいいよ。ダイエットにもなるし」

「そだね。汐梨最近太ったでしょ。取り戻さなきゃね」

「ひどい。橘花ひどい」

 一生懸命怒る汐梨に橘花はにんまり笑った。
スポンサーサイト

category: 小説創作

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://union1234.blog116.fc2.com/tb.php/32-61b3369c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ついったー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。