夢の島ブログ ホーム »未分類
カテゴリー「未分類」の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最近描いた絵、落書き  

最近じゃないのも多々
魔女
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

大神と比べるなDMCと比べろ  

BAYONETTA (ベヨネッタ) (特典無し)BAYONETTA (ベヨネッタ) (特典無し)
(2009/10/29)
PlayStation 3

商品詳細を見る


特に食指も動かずスルーしてたんですが、DMCとかビューティフルジョーとか大神(!)とかの神谷さんがディレクターしてると聞いたのでやってみました。
まあなんだ、DMCと大神を足して主人公が女性というゲーム。な印象でした。
豹に化けたときにはもうアマテラスしか脳裏に過らないですからね。なんだか無性に大神したくなりました。
ということで、今回はDMCとか大神引き合いに出して感想述べたいと思います。

初見の印象。
個人的には可もなく不可もなく。普通に一周すれば楽しめたと言えるかなあ。というゲームでした。

システムについて。
アクションゲームとしてはDMCを髣髴とさせるシステムになっていますが、独自のシステムウィッチトークがあり、よりスタイリッシュになっている。
というのが狙いだとは分かるのですが、逆に言えばこのウィッチトークがなければクリアは難しいというか不可能なので、かなりのカウンター近接アクションゲームというのが個人的にはどうにも好きになれませんでした。
いや、確かに綺麗にウィッチトーク決めたときは楽しいですし、敵の攻撃をかわしながらのアクションはスタイリッシュです。
ウィッチトークをしてもコンボ攻撃を止めないようにもできてますし、極めれば相当な爽快プレイが出来るでしょう。
ただ、このウィッチトークを生かすために敵は攻撃にスーパーアーマーを備え、盾でガードしてくるパターンも多いです。そしてガチ押しを防ぐためにライフ管理は相当シビアな設定になってきます。そうすると私の大好きな銃での攻撃は牽制程度。とにかく敵の攻撃を待ってカウンターを狙いコンボを狙う。というプレイになってしまい、初見(ノーマルで)の私にはとても単調な作業アクションを強いられている感が強かったです。カメラがおかしい場面で敵の攻撃タイミングがわからないともうお手上げです。敵の攻撃タイミングや隙を知っている熟練プレイヤーの見解は違うのでしょうが、あるいはイージーとかでプレイした方がよかったかもですね。

ストーリーとか登場人物について。
まあ、やり過ぎでね?というほどに艶やかでイケイケ(死語)なベヨネッタなのですが、記憶喪失という設定からかどうにも感情移入できなかったです。イケイケのお姉さんも実は苦労してるみたいなベヨネッタが瞬間しおらしくなるシーンとか、表情を曇らせるシーンとかいるんでしょうかこのゲーム?最初っからすっ飛ばしているんだからガンガン話をけん引してくれたら良いのに、そういう機微をいきなり見せられると「うん?」となり、そのあとにチャシャと言いながら知ってる人をからかい、天使相手に虚勢を張ると、どうにもさびしがり屋で見栄っ張りのお姉さんにしか見えなかったです。
また、クールビューティーが基本なのか、ベヨネッタが基本自分の心中を喋らないせいで、ベヨネッタ自身の記憶喪失に対するスタンスもわからず、余計にそう感じた気がしました。
そして、全体のストーリーなのですが、主人公のベヨネッタがそういう感情移入し辛い人物となってくると、途端に過去を探るとか過去にあった軋轢とか出生の秘密とかそういう重要な話題も絵空事に感じてしまいました。
個人的にはDMCのダンテのように何もかも皮肉たっぷりに力技で解決するという、ガンガン攻めの姿勢でストーリーを進めて欲しかったのですが、ベヨネッタは色々な状況に翻弄されながらそれらをすべて力技で解決するクールビューティーというどうにも?な感じに思えました。
女性主人公なんだからそれが自然と言われればそうなのかもしれませんが、魔女のスタイリッシュアクションを売りにしている分どうにも気になってしまいました。感動ストーリーとかなら大神のようなアドベンチャーでやればいいんですよね。
記憶喪失って設定本当に必要だったんですかね?

ミニゲームとかレースとかシューティングとかボタンの目押しとかいらないですね。
多様性がある事は良いのですが、全部中途半端です。ただでさえプレイ時間に比べて戦闘の密度が高く、しかし頻度が少ない(しかも状況限定戦が多い)のだから、そういうテンポを妨げる要素はすっと処理するべきだったと思います。いちいちワンアクション要求されるとさすがに早く雑魚戦とかさせて欲しい、ストレス解消にならないと思ってしまいます。

自由度について。
自由度は無いに等しいですね。クライマックスアクションという事で、あまりにその場その場の状況に依存する場面が多く、「ああ、あの技弱い敵に試したいなあ」とか、「ちょっと戻らせてほしいな」とかそういうのはひとつも考慮していない印象でした。良く言えば劇的。悪く言えば一本道。

総評について。
ライトプレーヤーの私からすれば、正直DMCのほうが自由度が高く爽快でした。連打ゲーと呼ばれるDMCですが、ライトからヘビーまで多くのユーザーが楽しめるゲームです。対してベヨネッタはライトもそこそこ遊べるけどヘビーユーザーにならなければ真には楽しめないスルメゲーという印象でした。ひとつでもはまる要素を見いだせて、何週もプレイしようという気力が生まれたときに真の魅力がわかるのかもしれません。今回私はそういうお気に入り要素を見いだせなかったので、こういう評価にしかなりませんでした。

まあ、色々言ってますが。やったことの無い人は一見の価値ありのゲームだと思います。流石に定価で売っていた時なら慎重に考えてと思いますが、安くなってる今なら誰にでも一度はお勧めできるゲームだと思いました。

category: 未分類

tb: 0   cm: 2

QMK  


Q(急に)M(ミクが)K(描きたくなったので)



いや、本当なにしてんでしょうね私。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

お気に入り  

やっぱり十二国記は面白いなあ。

というわけでいつもの発作に襲われて、十二国記を読み直しました。

蓬莱と十二国。十二国と天。天と人。人と王。王と麒麟。

男と女のように、近くにあるようで遠い。半陰陽のように違い、そして時には惹かれ合う。
愛のようで、約のようで、とても不思議な形。
人世の縁を感じる素敵な作品です。

やはり小説というのは、何度も読みたくなる作品を見つける事が楽しいですね。
より多くの作品を読むより、より深く作品を読むのが私にとっての醍醐味です。
評判や他人の評価ではなく、本屋で一期一会に出会う自分だけの一冊という感覚は素晴らしいです。
十二国記は高校生の時に出会った思い入れ深い作品で、これからも読み返し、いつまでも続編を待ち望む。そうなのだと思います。

なんかアニメも見返したくなってきました

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

帰ってきた創作意欲  



前回の更新から数日。変な創作意欲が沸いている今日この頃。こんなもの描いてるひまあるなら本編書きなさいよ自分。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

ついったー

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。